> カテゴリ
全体
ss2
ss
green
TY
sanpo
meganeko
KT
NH
NM
AS
MO
Y
TS
YM
T
TO
<   2014年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
煌めき
先日、大学の仕事で学生にインタビューをする機会がありました。

義務教育を含め、ひとまず「学生」という時間の最後であり、
社会に出る前の準備期間でもある。
大学で過ごす時間は、
そんなふわっとした側面もあると思います。

確固たる夢や目標のある人が、社会人になり葛藤を抱いたり、
やりたいことがなかったのに、社会に出てからやりがいを見出したり・・・
すべての学生が、人それぞれであると思います。

ただ、インタビューをして感じたことは、
学生さんたちが「今」という時間を精一杯過ごしているということです。
それこそが、大学生にしかない煌めきであると思いました。

自分の現在の仕事は、その姿を、言葉や企画で一層輝かせることです。
言葉に磨きをかけ、対象を光らせる。
学生にも負けない煌めきのある姿勢で
取り組めていけたらと思います。
[PR]
by densoshadesign | 2014-04-24 12:16 | TO
近頃ネットの広告を見ていて思うこと

広告には業界ごとのトーン&マナーがあって
それを踏襲することでその業界っぽい広告や
あえて奇をてらったような広告を作ったりします。

近頃気付いたことですが
仕事をしていて一番身近なネット広告、これのトーン&マナーが
近頃、非常に似通ってきたなと思います。(特に健康食品系)

同じメーカーでも
ビールのCMだったらあえて違うコンセプトをぶつけて差別化を図り
他社との優位性を出そうとしますが
どうもネットは他社と同じ手法や、
コンセプトをぶつけてパイを奪い合うやり方が好まれる様です。

色んなデザインを見て研究していきたいと思います。
[PR]
by densoshadesign | 2014-04-21 14:33 | YM
「検索」
本日の朝刊で、「300社のビックデータを互いに活用し合う専門組織」を
シンクタンクなどが連携して5月に設立する、という記事がありました。
ビックデータは集まれど、活用しきれていないデータの真価を引き出す
手助けになる組織、とのことです。
ビックデータという言葉自体が一人歩きしている感がある所で、
具体的に活用できるチャンスが来ています。

それに関連して、今年の始め、アドタイで江端 浩人さんが書かれている、
「2014年のマーケティングの潮流を占う3つのトレンド」というコラムがあります。
コラム内では、ビックデータの活用による「検索する前に答えを用意する技術が
登場する」可能性があると仰っています。
検索する前に用意するということは、検索する本人も気付いていないインサイトを、
狙ってマーケティングする事ができるということだと思います。
すると、極論ですが「検索」する必要がなくなり、検索行為自体がなくなっていくかもしれません。
前述したビックデータ活用の為の組織が出来る事によって、メディアを筆頭に
その可能性が進んでいくのではないかと感じました。

かといって、どんな技術も使い方一つで面白くもつまらなくもなってしまうものなので、
技術を扱えるようまずは基礎をしっかりしたいと思います!

T
[PR]
by densoshadesign | 2014-04-17 19:11 | T
フォントの本当
今晩は。SS2です。
ご存知かもしれませんが、
私たちがPC等で普段使用している文字(フォント)は、
それぞれデザイナーが制作していて、
常にバージョンアップをしながら進化を続けています。

例えば、Helvetica(ヘルベチカ) 。
Helveticaはタイプフェイスデザイナーのマクス・ミーディンガーとエドゥアルト・ホフマンが発表しています。
書籍や、ロゴタイプなどで幅広く使用され、汎用性の高さが非常に高いフォントです。
マニュアルの指定フォントとしてもよく活躍している様です。
フォントにはファミリーがあります。
Light、Roman、Medium、Bold、Heavy、Blackなど種類は他にも色々あるのですが、
基本的にはこれらが左から順に太くなっていきます。

Condensedは長体をかけたデザイン
Italicは斜体のデザインです
正体の文字に長体(横に細く潰すこと)をかけるよりも
読みづらくならない様、文字のプロポーションが崩れないように見える様に
デザインされています。

文字一つ一つを注意深く見ると、更に色々なことに気を使っていることが分かります。
文字の縦棒と横棒の比率は一見分からないかもしれませんが太さを変えています。
縦を太く横をそれよりも細くが基本です。
なぜなら人間の目にはスマートに美しく映るからです。
また、様々な人間の目の錯覚を利用しながら文字は作られています。

一つの書体を完成させるのは気の遠くなる様な膨大な作業と知識が必要になります。
それらの書体を制作者の不本意な形で使わない様、
デザイナーとして気をつけたいものです。
[PR]
by densoshadesign | 2014-04-12 13:48 | ss2
「記念という建前」
この一週間新聞を見ていると、4月ということもあり
周年を祝う企業広告や、企業合併の告知広告、上場を伝える広告が多く出ています。

WEB上では先月、twitterが8年目を迎える記念として、
ユーザー1人1人の何千ものつぶやきに埋もれてしまった
「初つぶやき」を検索できるサービスを公式に初めていて、話題になっていました。
WEBという足の速いビジネスの場では、5周年・10周年などという単位で
動いていては意味がないのだという意味に感じました。

10年毎というスパンでなくとも、その都度クライアントの流れに沿って、
そういった記念サービスやコンテンツの提案を一緒に考えることが
できるよう努めてまいります。

T
[PR]
by densoshadesign | 2014-04-12 13:45 | T
勝敗を決めたのは「ミス」でした。
段々暖かくなってきて、
スポーツイベントが盛んな季節になってきました。
今年は冬季オリンピックとサッカーのワールドカップがありますので
何かとスポーツイベントが話題になります。

最近では春の選抜高校野球が行われておりました。
そんな中、わが母校が春の甲子園で
なんと準優勝を決めてくれました。

私ももちろん試合を録画したりして
見ていたのですが

誰がすごかったとか、どんなプレーが良かったとか
色々ありましたが、一番気になったこと

それは

勝敗の要因となった、「守備陣のミス」でした。

私達デザイナーの世界は一つのミスが
命取りです。

印刷してしまえば取り返しのつかないことになってしまいます。

高校球児たちに負けない集中力を持って
仕事に取り組まないといけないなと思います。
[PR]
by densoshadesign | 2014-04-12 13:42 | YM
気分転換
最近、さまざまな大学のお仕事をさせて頂く機会が多いのですが、
「どんなことで気分転換していますか?」という質問に対して
別々の大学のお二人から同じような答えが返ってきたので
興味深く感じました。

お一人は、一日中ひたすら勉強している大学院生。
「ここは図書館がすごく素敵なので、自習室での勉強に飽きると
図書館で勉強して気分転換しています。」というもの。

もうお一方は大学教授。
「研究が好きなので、四六時中いつでも研究に関する
いくつものテーマについて考えているが、気分転換する必要はない。
敢えて言うなら、一つのテーマに行き詰ったら、
別のテーマに取り組むことで気分転換している。」とのこと。

こちらとしては、OFF TIMEの趣味的な答えを期待していたのですが、
素晴らしいご回答をいただき、
翻って自分の至らなさを痛感した次第です。

お二人を見習ってさらなる精進を重ねていかなければ、
と改めて思いました。

ss
[PR]
by densoshadesign | 2014-04-11 19:17 | ss
「コンパクトシティとデザイン」
今の日本では急激な少子化と高齢化の中で、
1990年代より中心市街地のドーナツ化現象が各地でおきています。
こうした中で今注目を集めているのが「コンパクトシティの発想」です。
都市郊外化を抑え、市街地のスケールを小さく保って歩いてゆける
範囲を生活圏と捉え、コミュニティの再生や住みやすいまちづくりを
目指そうとするのがコンパクトシティの発想。
街づくりという未来の形は「ヒューマンスケールな職住近接型まちづくり」
に変わっていこうとしています。
私たちが創るデザインも、「未来に常につながっていく」という
コンセプトを常にベースに置き、取り組んでいきたいと感じています。

d0179004_19143894.png

green
[PR]
by densoshadesign | 2014-04-11 19:12 | green
ひとつ突き抜ける
当社は昨年8月で35周年でしたが
扱っている商品が、大きく様変わりしていると改めて感じています。
私の入社した当初は、企業広告を中心に主に紙媒体で展開していた記憶がありますが
今では企業広告はもちろん、そのノウハウを生かしたインナーコミュニケーションや、販促プロモーションまで、クライアントに採用していただければ、何でも提案できる環境になりました。

時代の変化とともに、企業としての成長が確実の遂げられている中
個人としても、目に見える爪あとを残せればいいな、と感じています。

社内でも、大手新聞社の広告賞を受賞した方、国家資格に合格した方、
育児と奮闘しながら仕事をしている方、東京マラソンを数度完走している方・・・
オフの時間もポジティブに過ごしている方が多々いらっしゃいます。

新年度になりましたので、個人的にも
ひとつ突き抜けていきたいと感じた次第です。

Y
[PR]
by densoshadesign | 2014-04-11 16:48 | Y
   

伝創社制作部デザイナー達の、日々の思いや自分たちのIDEAを表現していくブログです
by densoshadesign
> 検索
> 最新の記事
古代ローマに学ぶレトリック
at 2014-07-22 13:17
「オズボーンのチェックリスト」
at 2014-05-22 13:54
「ユニバース」Univers
at 2014-05-21 22:10
「拡散」と「収斂」
at 2014-05-21 20:14
戦略と戦術
at 2014-05-21 20:13
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧