> カテゴリ
全体
ss2
ss
green
TY
sanpo
meganeko
KT
NH
NM
AS
MO
Y
TS
YM
T
TO
<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
インドネシアに注目
リゾートとしてはもちろん、
資源エネルギー開発や、車・電化製品の工場などで
最近何かと話題になるインドネシア。
人口が約2億3000万人と
世界4位(中国、インド、アメリカの次)なんですね。

投資も盛んですし、
近々ではローソンが1号店をジャカルタに出店するなんてニュースも。
インドネシアの発展に乗り遅れるな! といったムードでしょうか。

そこで気になったのが、
1971年からインドネシアに進出している日本企業、マンダム。

マンダムと言えば日本では男性化粧品で有名ですが
インドネシアでは男性・女性ともに化粧品が高シェアのようです。

成功のポイントと思った点を 個人的にまとめてみました。


1. コンセプト構築の徹底

  ・日本から市場調査で現地を見に行く。
  ・現地スタッフは洗面所・浴室を見せてもらうなど、より深く調査する。
  ・商品を通じて生活者の役に立つ、という視点でコンセプトを固める。

2. ブランド構築の熟考

  ・パッケージ等デザインを統一し、購買動向により
     変更すべき点・不可な点を判断する。
  ・ブランドの世界感を、現地社員と共有する。
  ・流通、商品のカテゴリーを明確にする。
  ・現地の生活者に受け入れられる価格を設定する。

3. Only One の構築

  ・ターゲットとしているお客様を絞り込む。
  ・技術的な強みで勝てる部分を持つ。
  ・独自性を数多く保有する。


ネットが普及して 遠くの仕事でも簡単にできる昨今ですが、
現地に行って気づくのは大事なことですよね。

制作の人間として、お客様にフィットしたアイデアを提案するために
海外でもどこでも、どんどん外に出て行きたいと思いました。

NM
[PR]
by densoshadesign | 2011-06-29 15:39 | NM
元気が出る言葉。元気にする広告
雑誌「Discover Japan」が6月号で「元気が出る言葉。」
という特集を組んでいました。

そのなかからいくつかをご紹介します。



「素直さは人を強く正しく聡明にする」
(松下幸之助)

「プリンシプル(信条)を持って生きていれば、人生に迷うことは無い」
(白洲次郎)

「人を信じよ。しかしその百倍も自らを信じよ」
(手塚治虫)

「とにかく思い切ってやってみようじゃないか。間違ったらまた変えるのだ」
(盛田昭夫)

「今日の我に、明日は勝つ」
(美空ひばり)

「私たちは、出来ない理由は探しません。出来る理由を見つけます」
((株)雪国まいたけ 行動指針)

「最後まで希望を捨てちゃいかん。あきらめたらそこで試合終了だよ」
(スラムダンク安西先生)

「最初サンザンな目にあう。二度目、おとしまえをつける。三度目、余裕。」
(矢沢栄吉)


本来、言葉やデザインは、
人の心を動かすパワーを秘めています。

私たちもクライアントやそれを見た人、
ひいては日本が元気になるような
広告や制作物を創っていくことが
大切な使命だと感じました。
ss
[PR]
by densoshadesign | 2011-06-22 22:27 | ss
米マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボの所長に日本人
世界の最先端が生まれる「米マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボ」の所長に日本人の起業家(44)が決まった。同じ日本人として誇りを感じました。なかでも話題になっているのが、学歴ではなくインターネットの世界で、大きな影響力を持つ起業家が選ばれた事です。「人脈・資金調達力」がメディアラボの未来に貢献することを期待されているようで、世界の最先端の大学が、あらゆる壁を超えて、大学の発展として現実を見つめ、本質で動いている事を感じます。
広告の世界も、はじめは海外のマーケティング手法を学び発展してきました。今は、インターネットも普及し、世界が一瞬でつながる環境から、新しいマーケティング手法やクリエイティブ表現が生まれています。日本の環境だけではなく、世界の価値観で物事を表現していく事がわたしたちクリエイターに求められているのでは、と感じています。 NT
[PR]
by densoshadesign | 2011-06-17 19:25 | green
活用
d0179004_8193365.jpg

先日、秋葉原と御徒町の間のガード下にある
「2k540 AKI-OKA ARTISAN」という施設に行ってきました。

ここは、ジュエリーや雑貨、コーヒーショップ、革製品等
工房とショップがひとつになったスタイルの
お店が軒を連ねている施設です。

かつて御徒町周辺は、江戸の文化を伝える
伝統工芸職人の街だったそうで、

現在もジュエリーや皮製品を扱うお店が数多くあり、
職人の街の印象を残しているという街の特徴を活かしつつ、
時代とともに変化する現代の感性やセンスにマッチしたものを
提供するというコンセプトの施設だそうです。

ガード下というスペースを上手く使いながら、シンプルなつくりで、
工房と一体になっているため、ものづくりを直に見ることができる
とても楽しい空間でした。

デザインには、一見短所に見える点をむしろ魅力に変えることや、
伝統・文化を上手く現代にマッチさせるという力がある事を
改めて実感しました。

kw
[PR]
by densoshadesign | 2011-06-14 08:21 | sanpo
伊藤若冲
こんにちは、SS2です。
伊藤 若冲の特集をNHKで見ました。
6時間以上と長い番組だったのですが、
それを感じさせない面白さで時間が過ぎた気がします。
皆さんもご存知とは思いますが、
伊藤 若冲は江戸時代中期に京で活躍した絵師です。
生涯にわたって様々な動植物をモチーフに命を見つめ続けた人物で、
中でも鶏には並々ならぬ思い入れがあった人物でした。
また、知らなかったのですが
当時様々な新しい技法を編み出した人物でもあったと番組で紹介されています。
海外からのペルシャ絨毯を模倣し、独自に昇華させた技法(白象群獣図)や、
常人には真似できないにじみ、ぼかしを駆使した水墨画、
構図、目の錯覚を利用した群鶏図、
日本で初めてビリジアンブルーを使用した人物でもあります。
自分の描きたい物の為にオリジナルを追及し続けるその姿勢に魅了されました。
オリジナルという強さ。
私も広告を通して、少しでも出せるように
努力しなければならないと改めて感じた次第です。

最後に私の一番好きな群鶏図をご紹介します。
d0179004_19455230.jpg

[PR]
by densoshadesign | 2011-06-06 19:47
   

伝創社制作部デザイナー達の、日々の思いや自分たちのIDEAを表現していくブログです
by densoshadesign
> 検索
> 最新の記事
古代ローマに学ぶレトリック
at 2014-07-22 13:17
「オズボーンのチェックリスト」
at 2014-05-22 13:54
「ユニバース」Univers
at 2014-05-21 22:10
「拡散」と「収斂」
at 2014-05-21 20:14
戦略と戦術
at 2014-05-21 20:13
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧