> カテゴリ
全体
ss2
ss
green
TY
sanpo
meganeko
KT
NH
NM
AS
MO
Y
TS
YM
T
TO
<   2011年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ひとりで見る夢はただの夢。いっしょに見る夢はリアリティー
先日久しぶりに「美術手帖」を手に取ったところ
現代アートの先駆者達の名言特集が組まれていました。

タイトルにしたのは、その中で印象に残ったオノ・ヨーコさんの言葉です。

---

昔見ていた夢は、自分だけの為の
ひとりよがりな「妄想」だった、と言っても良いかもしれません。

しかし今の夢は
担当させて頂いているお客様の目指すゴールを一緒に実現したい、
またその過程で自身のスキルも磨き上げ、もっと豊かに人生を送りたい、
後輩達のスキルアップも手助けしたい、といった
具体性があって、しかも実現できる夢です。


「想定外」の出来事が日々報道されている今は、文字通り「変化」の時代。

「今」のお客様の課題の本質を捉えて、的確に応えられる企画を
タイミングよく提案すれば
検討の土台にスッと上がる手応えを、今までになく感じています。


激変の時代、お客様と共に「夢」をカタチにしながら
経済や社会に貢献できる仕事で勝ちぬけられるよう、走り続けていきます。


MO


d0179004_1849072.jpg

[PR]
by densoshadesign | 2011-04-26 18:50
街で発見
先日、いつも通勤で利用する電車の車窓から
見覚えのある横断幕を見かけたので後日近づいてみると、
以前制作を担当させていただいた
マンション大規模修繕工事等をされるお客さまの横断幕でした。

近くには、以前ラベルデザインを担当させていただいた
サプリメントを販売している薬局もあり、

「口紅から機関車まで」のレイモンド・ローウィではありませんが
手のひらにのるものから大きなものまで、
様々なデザインに携わること、発信できることを
改めて実感しています。

kw
d0179004_2171167.jpg

[PR]
by densoshadesign | 2011-04-20 21:12 | sanpo
省エネ市場
こんにちわ。TYです。
気がついたらもうジャケットが暑くなってくる
陽気になってきましたね。

このおりで、夏にかけて省エネ対策への意識が高まっていますが、
みなさんは何か対策をされているでしょうか。
ムダな電気を消したり、網戸にして空調を抑えたり、
企業や地域単位での取り組みも話題になっていますね。

また、これを期に新エネルギーヘ代替できる商品群も
活況となってきています。ソーラーやリチウムイオン電池、
風力発電など、「温暖化対策」という題目のころ以上に
切実な形となってきています。

様々なお客様のもつ省エネソリューションを広げ、
つなげていくという私たちの役割はとても重要になってきていると
考えています。
TY
[PR]
by densoshadesign | 2011-04-18 21:36 | TY
今の時代だからこそ生まれる「ゴール」を目指して
「これまでいろんなゴールを決めてきたけれど、
こんなに喜ばれたのは記憶にない。」
「こういう1点というものがあるんだなと、しみじみ思う」

先日のサッカー日本代表とJリーグ選抜による
東日本大震災復興支援チャリティーマッチでゴールを決めた
キングカズこと三浦和良選手の言葉が
本日の日経新聞のコラムに掲載されていました。

三浦選手自信のサッカーに対する情熱や、
ストイックな練習の積み重ね、
被災した方々に対する全国民の思いが
一つになった素晴らしいゴールだったと思います。

私たちも広告という仕事を通じて
お客様、そして日本全体が復興していくゴールを目指し、
自分たちができることに精一杯取り組んでいくしかないと
強く感じています。

こういう時代だからこそ生まれるゴール(作品)が
きっとあるはずです。
ss
[PR]
by densoshadesign | 2011-04-08 19:30
人を活かすこと
最近読んだ良い本をご紹介します。
「木のいのち木のこころ」という、宮大工の西岡常一さんの語りを聞き書きした作品です。
この本の中に「癖というのはなにも悪いもんやない。使い方なんです。癖のあるものを使うのはやっかいなもんですけど、うまく使ったらそのほうがいいということもありますのや。人間と同じですわ。癖の強いやつほど命も強いという感じですな。」という言葉がありました。
これは、1,300年前に建てられた国宝・法隆寺が木のくせを活かした木組みで造られており、その結果これだけの年月の風雪に耐えてきているという実証に基づいています。樹齢1,000年を超える木は、優れた大工によってその倍以上の年月を建築物として生き続けるのだそうです。
4月は、新社会人がデビューする季節。現代の日本では、個性を消す教育に走ってしまうケースも多いように感じます。中でも職人の弟子入りというと、それこそ個性の尊重など無縁なイメージですが、実は徒弟制度は、一人ひとりに合わせて育てる教育方法だということです。
自分の意見を主張するだけが「個性」ではありません。教えるほうも、教わるほうもしっかりと自覚して、この国を育てることに貢献していかなければならないのだと思います。
d0179004_1755815.jpg

[PR]
by densoshadesign | 2011-04-05 17:06 | KT
   

伝創社制作部デザイナー達の、日々の思いや自分たちのIDEAを表現していくブログです
by densoshadesign
> 検索
> 最新の記事
古代ローマに学ぶレトリック
at 2014-07-22 13:17
「オズボーンのチェックリスト」
at 2014-05-22 13:54
「ユニバース」Univers
at 2014-05-21 22:10
「拡散」と「収斂」
at 2014-05-21 20:14
戦略と戦術
at 2014-05-21 20:13
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧