> カテゴリ
全体
ss2
ss
green
TY
sanpo
meganeko
KT
NH
NM
AS
MO
Y
TS
YM
T
TO
<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
デザインは「生モノ」
こんにちは!YOです☆
先日春一番が吹き、だんだん暖かくなってくるかと思いきや、
また雨で凍える寒さに戻ってしまいましたね。

今年は花粉が昨年の10倍ということでメディアでも騒がれ、
花粉症に関連した商品が数多く広告されています。

幸いなことに私は花粉症ではありませんが、
花粉症の方は、もう症状が出始めている時期かと思います。

今、サプリメントのパッケージデザインを担当していますが、
先月は花粉症に関連した商品を数多く納品しました。

やはりタイムリーに商品が店頭に並べられないと
たった1日の違いでも、売上に大きく関わってきます。

どんなに優れたデザインでも、
タイミングを逃すとすぐに陳腐化してしまいます。
旬な時期に新鮮なものを消費者に届けなければ、
意味がないのです。

デザインは「生モノ」であるということを
改めて実感します。

常にお客様に新鮮なデザインを届けられる様、
今日もデザインと向き合っていきます。
d0179004_13441223.jpg

[PR]
by densoshadesign | 2011-02-28 13:29
facebookの可能性は?
最近ますますソーシャルメディアに対する関心が高まっています。
なかでも「facebook」は注目の的。

実名で登録するところが大きな特徴の一つで、
確かなマーケティングデータが得られるのも魅力のようです。

しかし実名ゆえに、匿名性の高い日本のネット社会に
なじんだ人々に広く受け入れられるかどうか、
今後が注目されるところ・・・。

それでも自社のファンページを開設した企業からは
良好な手ごたえを感じる、という声も聞かれます。

私たちも常に新しい動きにアンテナを張って
全体の流れと最新の動きを見極めながら、
より効果の高い施策を研究し
お客様にご提案していきたいと思います。
ss

d0179004_20572046.jpg

[PR]
by densoshadesign | 2011-02-25 20:59 | ss
スノードロップ
スノードロップが咲きました。
厳寒のなか春一番を告げるように咲く清楚な花は、まさに「希望」という花言葉にふさわしい印象です。スノードロップは、まわりに花の少ない季節に咲くために、ひときわ輝いて見えるのでしょうか。
マーケティングの基本のひとつは、ポジショニングです。
競合には真似のできないポジションを探すことが重要ですが、しかし環境変化によって常に企業はその見直しを迫られています。
広告表現においては、まず広告する商品やサービスの、他社とは異なる強みを探す作業を行います。そのためには、あらゆる業界のさまざまなビジネスを知らなければなりません。
広告という、多くの人に愛される「花」を咲かせるためには、よく観察し、よく学ぶ基盤が必要だということを常に自覚し、日々勉強していきたいと思います。
d0179004_19311100.jpg

[PR]
by densoshadesign | 2011-02-21 19:03 | KT
クリエイターの目を通してみる
先日、恵比寿の写真美術館に行ってきました。

「ニュー・スナップショット 輝きの瞬間」新進写真家6人展

冬の北海道の
校庭に水をまいたリンクでスケートを滑る子供たち
(二月 Wintertale / 小畑雄嗣さん)

の大きな写真が見たかったんです。

その写真では、北海道の一つの日常が
おとぎ話をのぞいているかのように感じられるから不思議です。

同時開催の、収蔵作品展
「輝きの瞬間 スナップショットの魅力」でも
20世紀の様々なスナップショットを展示していていました。

写真の中の瞬間が、生きているように感じられました。

帰り道は、
写真家の目を通して見る世界に影響を受け、
無意識に街の美しさを切り取って見ていました。

お客様のデザインの仕事をする上でも
どう切り取るのか、どこに焦点をあてるのか、
どうやって一つの視点にまとめるのか、
といった課題があります。

写真のように、瞬発力と表現を一体化させて
新しい視点をつくる感覚を磨きたいと思います。
d0179004_18262140.jpg
NM
[PR]
by densoshadesign | 2011-02-10 18:27 | NM
折り紙
d0179004_9441879.jpg
こんにちはSS2です。
最近恐竜好きの息子に恐竜折り紙というものを
プレゼントをしました。
山有り谷有り紆余曲折の末、やっとこさ折れる
なかなか難解なものでした。

折り紙は、一枚の紙を折ることで、別の意味ある形を作り出す
伝統的な日本のデザインです。
外国では、プレゼントとして折り紙は大変喜ばれるものの一つです。
そこには、一枚の紙から全く違う形が折るだけで現れる感動と、
そこに日本の文化を感じられるからではないでしょうか。

日本人の生活と身近な所にある、千羽鶴、兜など、
日本人独特の美的感覚と、生活習慣が結びついたとき、
そこには永遠に愛される
形が生まれるのだなと思いました。

私たちデザイナーももっと身近な所に視点を向けてみると
より、生活や実体験に基づいた共感・感動頂ける
デザインがご提供できるのかなと感じました。
[PR]
by densoshadesign | 2011-02-09 09:43
30コマの眼差し群
先日、銀座のギャラリーに写真を見に行きました。

カメラマンの中平卓馬さんの個展だったのですが、
ちょうどその時代の方々のトークセッションが開かれており
同じくカメラマンの高梨豊さんと詩人の吉増剛造さんの写真談義が聞けました。

吉増さんは詩人だけあって、ひとつひとつの言葉選びが卓越しており
おふたりの周りを囲んでいる中平さんの写真たちを
「眼差し群」と表現していたことが印象的でした。

確かに私たちの視覚が見ている動画も静止画の連続。
普通の動画のコマ数は1秒に30コマなので
刻一刻と変わる私たちの視覚も、
一人ひとり違った静止画を映し出していると考えると、
他の誰とも共有出来ないオンリーワンの作品として、
写真という表現形態のもつ価値が、変わって見えてくるかもしれませんね。

もちろん仕事上写真を扱う私たちの職種は、
写真の持つ価値を常に意識しなくてはいけないでしょう。

d0179004_2010654.jpg


TY
[PR]
by densoshadesign | 2011-02-02 20:13 | TY
   

伝創社制作部デザイナー達の、日々の思いや自分たちのIDEAを表現していくブログです
by densoshadesign
> 検索
> 最新の記事
古代ローマに学ぶレトリック
at 2014-07-22 13:17
「オズボーンのチェックリスト」
at 2014-05-22 13:54
「ユニバース」Univers
at 2014-05-21 22:10
「拡散」と「収斂」
at 2014-05-21 20:14
戦略と戦術
at 2014-05-21 20:13
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧