> カテゴリ
全体
ss2
ss
green
TY
sanpo
meganeko
KT
NH
NM
AS
MO
Y
TS
YM
T
TO
<   2010年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
女性専用車に乗って
先日、初めて女性専用車輌で通勤致しました。
隣の車輌は男性ばかりなのに一つ壁を隔てると、
女性しかいないというのは、なんだか不思議です。
d0179004_21224422.gif

さて、女性専用といえば、
無個性のデザインや男性向けの物が主流だった商品を、
女性をターゲットにして成功したヒット商品が多くあります。
例えば、電気製品では、マスカラのような電動歯ブラシ、
文房具やイヤホンではアクセサリー風のデザインが話題になっています。

先日、このブログでご紹介したグッドデザインエキスポでも、
女性をターゲットにした乗用車があり、
私も実際に乗車させていただきました。
カフェのような内装だったり、ナノイーがついていたり、
ドアはネイルが傷つかない素材でできていたりなど、
細かい配慮がなされていて驚きました。

その際、企業の方に伺ったところ、
男性がこれまで女性向けに企画しても売れなかったものが、
女性の担当者がアイデアを出してヒットすることも多いのだそうです。
今後もさまざまな女性専用商品がヒットするのではないでしょうか。

私も女性デザイナーの一人として、
ほかに女性専用で何か企画できないか…と、
電車に揺られながら、
新しいアイデアを思い描いた通勤時間でした。

NH
[PR]
by densoshadesign | 2010-09-29 21:23
感覚を「無」に還す
こんにちは!YOです☆
少しづつですが涼しくなって
過ごしやすい気候になってきましたね。

先日、甥っ子の1歳の誕生日プレゼントを買いに
某大手おもちゃ屋さんに行ってきました!

最近の知育玩具は本当によくできていて、
デザインも優れたものが多く、感心してしまいました。

伝創社の制作部のステートメントに
「提案するクリエイティブは五感を刺激し、
見る人の目を開かせる」とありますが、
知育玩具はまさに「五感を刺激するためのデザイン」だと思います。

「育てたい感覚」を細かくターゲット化して、
そのターゲットに到達させるためにデザインする。
よって1つ1つの形、色、素材、音…すべてに意味と目的があるのです。
知育玩具を見ると「五感のエトセトラ」を再確認するようで
とても新鮮でした。

「五感を刺激するデザイン」を提案する私たちの仕事は、
そのほとんどが大人をターゲットとしていますが、
知識や先入観など様々なものが入り混じってしまう「大人の感覚」を、
赤ちゃんのように「無」に還すと、
いろいろなことがまた新しく、面白く見えてくるかもしれないと思いました。
d0179004_21423744.jpg

[PR]
by densoshadesign | 2010-09-22 21:44 | Y
自然界から学ぶデザイン
この写真は、「時計草」の花です。トケイソウは、日本ではあまり一般的ではありませんが、ブラジルでは、家々の垣根によく咲いているものです。トケイソウの果実は、みなさんが良く知っているパッションフルーツです。時計のような形をしているところからトケイソウと呼ばれていますが、実に完成された精巧な形です。自然界の形は、肉眼で見える形だけではなく、ミツバチにしか見えないハニーラインと呼ばれるものがあります。紫外線のレベルではじめてその形を見る事ができます。厳しい環境の中で、自らがどんな形で、どんな手法で種を残すか植物たちはいろいろな実験を繰り返し生きています。「最も強いもの、大きいものではなく、変化に俊敏なものが生き残る」とダーウィンの進化論でも言っていますが、デザインは自然界にとっては生き残っていくためのすべです。
私たちデザイナーも、すべてのお客様のために、デザインのパワーによって時代を勝ち抜く力を創造できるよう進化していかなければならないと感じています。 GNd0179004_22255523.jpg
[PR]
by densoshadesign | 2010-09-16 22:26 | green
「宣伝会議賞」はじまる!
今年もこの季節がやってまいりました。
広告界・コピーライターの登竜門「宣伝会議賞」の
課題が発表されました。

今年で48回を迎えるこの賞は、
糸井重里さんや林真理子さんらを輩出した
歴史のあるアワードで、
今回から眞木準賞が新たに創設されています。

弊社のエントランスにも告知ポスターが貼られ、
社内の雰囲気も盛り上がっています。

昨年は32万通超の応募があったとのことですが
今年はさらに増えるかもしれません。

一クリエイターとして、今年こそ
グランプリ(賞金100万円!)を狙っていきます!
ss
d0179004_2049275.jpg

[PR]
by densoshadesign | 2010-09-13 20:49 | ss
有元利夫展で思ったこと
先日、会期末を迎えた
画家有元利夫の没後25年展覧会を
港区白金台にある東京都庭園美術館に見に行ってきました。

庭園美術館とは、1933年に朝香宮(あさかのみや)邸として
建てられたものがそのまま美術館になったものです。

緑あふれる庭園の中にあり、内部はアール・デコ様式の
とても素敵な空間でした。

有元利夫は、デザイナーとして広告代理店勤務の後
画家に転身した人で、独特の人物像をモチーフにした
作品を残しています。

病気の為39歳の若さで亡くなっていますが、
今でもよく文芸雑誌の表紙を飾っていたりするので、
目にする機会は多いと思います。

彼独特のやわらかい色使いとアール・デコ様式の内装が
とてもよくマッチしていて心地よい空間でした。

彼が残した言葉のなかに、次のようなものがあります。



素晴らしい音楽を画面いっぱいに鳴り響かせるー。
いつか、そんな作品を作ってみたいものです。  有元利夫



音楽を画面いっぱいに鳴り響かせるとは、人の心を動かす作品
ということだと私は思います。

広告についても同じように、
生活者の人々を行動に導くために、心を動かすようなデザインを
つくるのが大切だと日々感じています。

私も彼のことばと同じく、人の心を動かすデザインがつくれるよう、
向上心を常にもって取り組んでいきたいと思います。

kw
d0179004_1924449.jpg

[PR]
by densoshadesign | 2010-09-06 19:28 | sanpo
戦国武将に戦いを学ぶ
d0179004_916988.jpg
ビジネスは戦いである。
あの織田信長が有名な桶狭間の戦いを勝利したのは、奇襲攻撃が奏功したからという単純な話ではない。戦いにそなえた数年間、尾張を統一のため徹底した智略を働かせ、不安要素を排除する地道な活動が続いた。そして、隣国の強敵・今川義元がやがて尾張に攻め入るという話を信長が半年前に知ったのも、商人に化けて今川義元の知行地、駿府を偵察していた信長の部下の情報からだった。三千の兵が三万と戦えば負けは確実で、信長は自分の無残な死に様を何度も思い描いたという。こうした絶体絶命の中でどうすれば勝てるか考え続け、二つの砦と譜代の家来を犠牲にして桶狭間で奇襲をするという戦略を定めてからも、勝ちの保証は全くないままに臨んだ戦いであった。一方、今川軍は先に二つの砦を勝ち取ったことで油断し、その結果として奇襲への備えを怠っていた。
勝利に必要なのは、考え抜かれた戦略と十分な準備。逆に絶対にしてはいけないのは油断である。
そこに、絶体絶命という危機感があったことも忘れてはいけない。
ビジネスの現場も、まったく同じだと感じた。
[PR]
by densoshadesign | 2010-09-04 09:16 | KT
映画の裏側から学ぶ
SS2は映画が好きです。
映画はストーリーや、役者もさながら、
その製作過程の裏側を知るとワクワクします。
そこには、同じ創り手として爪の垢を飲まなきゃと思う程、
創る感動が別の一つの映画のように存在していたりします。

ジェームズ・キャメロン、ジョージ・ルーカス、
ピーター・ジャクソン、ロバート・ゼメキスなどなど、
これらの有名な映画監督の共通点は何でしょうか。

実は、彼らは自分の夢である映像を実現するために
新しい映像技術開発をアイディアを持って、開発した人物です。
ジョージ・ルーカスのILMなどは最も有名なのではないでしょうか。

夢のために多くの人を巻き込んで、共に創り上げ、
多くの人に幸せを提供するその生き方に憧れます。
SS2にとっては遥か彼方の次元の話なのですが、
(まず、世の中で実現不可能なものをリアル化する
というような壮大な夢もありません。)
その情熱の固まりで生きていく姿勢に憧れます。
下手をすれば一生借金地獄というものに目もくれない
突出した情熱を持っていた彼らだからこそ、
世界中の人に感動を与える事ができるのでしょうか。

SS2も、一人一人のお客様に
その創る情熱をぶつけて、少しでも感動を引き出せるよう、
情熱を忘れない生き方を目指していこうと思います。
d0179004_1925836.jpg

[PR]
by densoshadesign | 2010-09-02 19:03
   

伝創社制作部デザイナー達の、日々の思いや自分たちのIDEAを表現していくブログです
by densoshadesign
> 検索
> 最新の記事
古代ローマに学ぶレトリック
at 2014-07-22 13:17
「オズボーンのチェックリスト」
at 2014-05-22 13:54
「ユニバース」Univers
at 2014-05-21 22:10
「拡散」と「収斂」
at 2014-05-21 20:14
戦略と戦術
at 2014-05-21 20:13
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧