> カテゴリ
全体
ss2
ss
green
TY
sanpo
meganeko
KT
NH
NM
AS
MO
Y
TS
YM
T
TO
カテゴリ:sanpo( 27 )
視点
d0179004_10541044.jpg

先日、東京駅のなかにあるギャラリーに
展示を見に行ってきました。

復原された東京駅のなかにあるため、
創建当時の煉瓦壁を生かした、歴史を感じさせる展示室
となっていました。

復原工事後第一弾の展示は、
8人の作家と1組のユニットによる
鉄道をテーマにした作品でした。

一見ミニチュアに見えるような写真や
照明を落とした展示室にライトを付けた模型の電車を走らせ、
線路の周囲に置いた日常品を照らすことで床・壁・天井に次々と
動く影が現れ、まるで車窓の影絵のような作品など興味深いものでした。

五感を刺激し、角度を変えた視点の面白さをうまく表現した
作品を見るととても刺激になりました。

日々の広告制作においても
五感を刺激し、角度を変えた視点の面白さのあるものを
生み出していきたいと思います。


ちなみに、復原と復元は以下のような違いがあるそうです。

【復元】
文化財(建造物)の分野において、
失われた建物を当時のように再現すること、または推測に基づくもの

【復原】
改修等で形が変わっていたものを当初の姿に戻すこと、
または旧部材(部分品や材料)、文献等が残っており根拠が確かなもの
[PR]
by densoshadesign | 2013-02-01 10:55 | sanpo
スピードと質
終着駅に到着した車両のお客さんがすべて降りてから、
折り返し運転のお客さんが乗るまでの短い時間で
座席の位置を変え、清掃をして始発車両としての
準備を整えるサービスです。

地元に帰省する際、東京駅で私もよく見かけ、
見る度に感動しているのですが、
最近は、海外からの視察や取材が増えているということです。

細やかな気配りに支えられたスピードと正確さという
日本らしい質の高いサービスを
海外から注目されているということから改めて実感しました。

デザインでも、スピードやクオリティを日々向上させて
よりよいものをつくっていこうと思います。

kw
d0179004_168298.jpg

[PR]
by densoshadesign | 2012-12-28 16:10 | sanpo
インフォグラフィックス
今、注目されている「インフォグラフィックス」をご存知ですか?

これは、「インフォメーション」と「グラフィックス」を
あわせた造語だそうですが、ことばだけでは伝わりにくい情報を
視覚的にわかりやすく伝達するデザインのことです。

イラスト、図形、表、グラフ、地図、絵文字と呼ばれる
視覚記号(サイン)のピクトグラム等を
組み合わせて表現したものです。

もともとは、新聞や情報雑誌等でニュースや事件等の事柄を
わかりやすく伝える為の手段として発達したそうですが、
そこから発展して、今では情報コミュニケーションデザインの
分野に留まらずにプロダクトやスペースデザインといった
日常生活のあらゆるシーンで活躍しているそうです。

情報を可視化して伝えることは今後益々重要になっていくと
思いますし、グラフィックデザインの果たす役割も
より重要になっていくと思うので
貢献していけるよう取り組んでいこうと思います。

kw
[PR]
by densoshadesign | 2012-11-30 09:06 | sanpo
メッセージ
d0179004_22163684.jpg

先日、日経BPコンサルティングが2012年10月に実施した
「企業メッセージ調査 2012」のニュースを目にしました。

企業メッセージ(コーポレートステートメント)から
どのようなイメージを持つかというアンケートに関して、

「親しみやすい」・「信頼できる」・「ユニークである」…等の
項目ごとのランキングで上位のものは
企業名想起率が高い企業ばかりというわけではないそうです。

短い言葉で端的に訴求したい内容を表現しているものや
企業メッセージそのものだけではなく、
メッセージと企業イメージが合致している企業が
より上位になる傾向がでていました。

シンプルで尚且つイメージに合致した表現の強さを改めて実感し、
日々の制作に活かしていこうと思います。

kw
[PR]
by densoshadesign | 2012-10-31 22:18 | sanpo
ものづくり
先日、東京都現代美術館で開催中の
「特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」展を見てきました。
d0179004_20503424.jpg

精巧なミニチュアで作られた町や山や海を舞台に、
怪獣やヒーローやスーパーマシンたちが活躍し
見る者をワクワクさせてきた日本の特撮。

しかし、現在特撮はデジタル技術の発展と共に形を変え
その価値を見直す岐路に立たされているというコンセプトのもと
数々の映画・TVで活躍したミニチュアやデザイン画など
さまざまな資料が展示され、作り手の技とものづくりにかける情熱が
垣間見える展覧会でした。

会場では、実際にセットしてあるミニチュアの街に入り込むこともでき、
五感を刺激する展示にもなっていました。

私も、デザインというものづくりにおいて
五感を刺激する表現をより一層追求していこうと思います。

kw
[PR]
by densoshadesign | 2012-10-04 20:56 | sanpo
時代
先日、日本画の作家をしている友人の
グループ展を見に行ってきました。

若手作家による展示で、
古くからの日本画の技法・作風を踏襲した作品から
ポップな色調でまるで油絵のように厚く絵の具を盛った作品まで
幅広い作品が展示してありました。

日本画は、岩絵具の性質上、
薄塗りで、モチーフをアウトラインの美で魅せるものが
多かったのですが最近は厚く絵の具を盛り立体感をだした
表現のものがでてきているようです。

逆に、厚く絵の具を盛る表現が多い油絵の作品のなかに
日本画のような色を薄く重ねる表現の作品があります。

日本画や油絵の表現の垣根が
時代とともになくなってきているようです。

デザインにおいても、時代とともに表現手法は変わり
コミュニケーションの垣根も日々なくなっています。

そのような中で、これからも時代に即した広告制作に
取り組んでいこうと思います。

kw
d0179004_20365864.jpg

[PR]
by densoshadesign | 2012-07-04 20:39 | sanpo
付加価値
d0179004_1950036.jpg

先日、過去のオリンピックのポスターを集めた展示を
見てきました。

開催国ごとにトーンが違う様子が
並べて展示してあるとよくわかりました。

古い時代のポスターもありましたが
それぞれ、「古さ」よりも
スポーツの祭典である熱気がデザインから感じられ、
改めて付加価値の重要性を感じました。

時代をこえた付加価値のあるデザインを
1つでも多くつくれるよう
日々取り組んでいこうと思います。

kw
[PR]
by densoshadesign | 2012-05-23 19:50 | sanpo
再生事業とデザイン
先日、知人が参加していた
イラストレーションのグループ展を
見に行ってきました。

会場は、「世田谷ものづくり学校」という
廃校になった中学校の校舎を利用した
都内初の民間による廃校の再生事業となっているところです。

グループ展も興味深かったのですが、
この会場が、学校の教室等の設備をそのまま活用して、
オフィスが入っていたことです。

・世田谷らしい新たな産業と観光の拠点を育む
・創業に関する支援を行い、創業の場を提供する
・ものづくり体験と交流の場を提供する

この3つが事業の軸となっているようで、
地域活性化をはじめ、デザインの担う役割が
複合的な拡がりをみせていることを改めて実感しました。

kw
d0179004_2323636.jpg

[PR]
by densoshadesign | 2012-04-24 23:03 | sanpo
sakura
d0179004_2114011.jpg

先日、「桜を見上げよう。」Sakura Projectを
見てきました。

これは、日本全国47都道府県の桜を、
暖めたり冷やしたりして集め、
一ヶ所で咲かせるという
復興支援プロジェクトでした。

事前に話では聞いていましたが、
実際に見てみると想像以上の迫力・美しさであり
今こそ日本がひとつにという「絆」も感じました。

五感を刺激し、感性に訴えかける力強さ、大切さを
改めて感じました。

kw
[PR]
by densoshadesign | 2012-04-02 21:14 | sanpo
長寿企業
日本には、創業100年を超える会社が約2万5000社(10万社ある
という説もあるそうですが)あるそうです。

また、世界で創業200年以上の企業は5586社(合計41カ国)あり、
このうち半分以上の3146社が日本に集中しているということです。
次いでドイツ837社、オランダ222社、フランス196社の順番
ということで日本の長寿企業の多さに驚かされます。

日本に超長寿企業が多い理由は、諸説あるようですが、
日本特有の地理的・歴史的・思想的要因が超長寿企業の存続を
可能にしてきたようです。

もともと核になる技術や強みを持ち、
それを生かしながら時代の変化に合わせて困難を
乗り越えてきた会社が多いようで、
また、後継の人々が新しいものを創り出す進取の
気性に富んでいたといわれているそうです。

日々の広告制作を行うなかでも、
常に時代の変化を感じ、新しいものをつくりだすことの大切さを
改めて実感し、自らも、企業の歴史の一端を担っている責任を
改めて感じています。

kw
d0179004_2262915.jpg

[PR]
by densoshadesign | 2012-03-02 22:09 | sanpo
   

伝創社制作部デザイナー達の、日々の思いや自分たちのIDEAを表現していくブログです
by densoshadesign
> 検索
> 最新の記事
古代ローマに学ぶレトリック
at 2014-07-22 13:17
「オズボーンのチェックリスト」
at 2014-05-22 13:54
「ユニバース」Univers
at 2014-05-21 22:10
「拡散」と「収斂」
at 2014-05-21 20:14
戦略と戦術
at 2014-05-21 20:13
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧