> カテゴリ
全体
ss2
ss
green
TY
sanpo
meganeko
KT
NH
NM
AS
MO
Y
TS
YM
T
TO
カテゴリ:green( 23 )
コンタクトポイントをつくる
d0179004_1313840.jpg
2つの鉄道路線の合同「ウォーキングイベント」に参加しました。参加費は無料で、大人から子供まで8kmの距離を2つの駅からスタートし、地域の市場や商店街に立ち寄り、2つの食品工場を見学するものです。イベントは大盛況でかなりの人数が参加し、工場見学では行列ができるほどでした。現在の、広告手法ではいかに良い体験が作れるか、また、新しいコンタクトポイント(お客様)との接点がつくれるかが、鍵になっています。「歩くという心地よく健康的な行動と、地域活性化のために住民を結ぶ発想」そういったアイデアが世の中に響く事を感じた週末でした。nc
[PR]
by densoshadesign | 2012-06-25 13:12 | green
紙袋もメッセージに変わる
紙袋には、物を包む、運ぶという機能とお店のブランドをより多くの人に知ってもらうという役目がある。そのブランドの紙袋を持つ事で、高級ブランドであれば持つ人のライフスタイルや価値まで伝わる物です。またプレゼントされる側であれば、約束された価値を受け取り贈る人の想いを感じます。
先日、石けんを買った時に渡された紙袋にメッセージが書いてありました。自然素材で手作りしている事がシンプルに書かれていた。まさに、紙袋もコミュニケーションの一部にもなり、ブランドの意志を伝えるツールに変わる。私たちの仕事は、今までにないツールを新しく創る物だけではなく、今あるものに新しい価値をふきこむ事、コミュニケーションをデザインすることがクリエイターの仕事であると常々思っています。 NT
d0179004_9494618.jpg

[PR]
by densoshadesign | 2012-03-14 09:50 | green
最新トレンドを知る
d0179004_169083.jpg
先日、情報収集のため「Page2012」を見に行ってきました。3日間で65,610人が来場したようです。印刷から電子書籍に至るまでの最新技術やシステム、アプリケーションなど様々な展示コーナーがあり、最新のDTPから電子媒体の情報収集ができました。日々進化するものを常に取り込んでいないと、お客様にも最新の提案が出来なくなってしまいます。どの提案がお客様にとってよいのか、技術や知識、方法論をみさだめながら、時代に合致した新鮮な提案をする事を常にこころがけています。 nt
[PR]
by densoshadesign | 2012-02-13 16:08 | green
メタボリズムが今、話題に。
メタボリズムを知っていますか・・・。1960年、戦後復興期を経て、高度経済成長期をむかえた時に日本でおこった建築運動が「メタボリズム」です。六本木で「メタボリズム」の展覧会が開催されるなど今、注目されています。
d0179004_12242930.jpg
以前、お仕事を一緒にさせていただいた建築家の方から私は聞いていたのですが、もともとは「新陳代謝」という意味ですが、戦後の復興の中で、急激な都市化の過密化、土地不足などいろいろな問題がでました。そこで日本の建築家たちが、都市や建築が変化に対応するためには、都市・建築・デザインも生態系の生命活動の一環として新陳代謝させるべきだというものです。これは世界に発信された日本唯一の考え方のようです。時代の変化やライフサイクルの中で物の寿命や使われる目的の価値変化も想定し、関わらなければいけない職業だと痛感しております。
今、各界の様々な方々が東日本復興に向けて新しい街づくりを構想しています。これからの世界の街づくりの指針になるよう私たちクリエイターも知恵と汗をしぼって挑戦していきたいと思っています。
 NT
[PR]
by densoshadesign | 2011-09-17 12:24 | green
価値観と生活が激変していく、今と未来をデザイン
最近、新聞やニュース、自宅に入るチラシを見ても「スマートグリッド」の言葉や話題を、耳にします。ご存知のように、「スマートグリッド」は新しい機能を持った電力網です。アメリカの電力事業者が考案したものですが、「スマート」という言葉から、発電設備から末端の電力機器までをデジタル内蔵の高機能な電力制御装置同士をネットワークで結び合わせて、需給バランスの最適化とコストを最小に抑えることを目的としているようだ。
生活サイクルや価値観がかわっていく今と未来を、常に広告は反映してきました。
高級なものを身につける時代から、いかに環境にやさしく世の中に役に立っているかが、今の時代の価値観だと思います。デザインに携わる者として、お客様のおかれている社会環境をしっかりとらえ、消費者や社会の価値観をつなげていく事が、役割だと感じています。 nt
[PR]
by densoshadesign | 2011-08-22 11:14 | green
米マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボの所長に日本人
世界の最先端が生まれる「米マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボ」の所長に日本人の起業家(44)が決まった。同じ日本人として誇りを感じました。なかでも話題になっているのが、学歴ではなくインターネットの世界で、大きな影響力を持つ起業家が選ばれた事です。「人脈・資金調達力」がメディアラボの未来に貢献することを期待されているようで、世界の最先端の大学が、あらゆる壁を超えて、大学の発展として現実を見つめ、本質で動いている事を感じます。
広告の世界も、はじめは海外のマーケティング手法を学び発展してきました。今は、インターネットも普及し、世界が一瞬でつながる環境から、新しいマーケティング手法やクリエイティブ表現が生まれています。日本の環境だけではなく、世界の価値観で物事を表現していく事がわたしたちクリエイターに求められているのでは、と感じています。 NT
[PR]
by densoshadesign | 2011-06-17 19:25 | green
言葉をこえて、アイデアは世界を動かす
雑誌「ブレーン」を読んでいたらおもしろいものがありました。
「いちさなパン屋さんの制作ツールが、ブルノ国際グラフィッデザインビエンナーレCI部門賞を受賞した。」という記事がありました。そのツールはなんと、すべてガリ版で制作をしたものでした。
CGや3Dといった最新表現ではなく、昔懐かしい手法が評価された裏には、やはりガリ版の緻密でやさしい手作りの感覚が、パン屋職人の技と心を表現していたのだと思います。
私たちの仕事も、アイデアが商品です。新旧の表現にとらわれず、物事の本質で勝負しなければならないと痛感しました。 NT
d0179004_9285432.jpg

[PR]
by densoshadesign | 2011-01-13 07:51 | green
色と形の教材をローコストで実現する
下のオブジェは、「いろくみ」といって紙製のパーツを組合せた教材です。
シンプルなカラフルな厚紙に切り込みがはいっており組み合わせる事で、子供のアイディアでいろいろなものに変化していきます。紙は手触りの良いマーメードを使用しぬくもりが感じられます。また。点描画のように隣り合う色同士を組合せ、なじみ合い、一枚の大きな絵やオブジェができます。
紙は普段私たちの生活にも気軽に入手でき、何よりもローコストで子供たちにも安全に扱えます。
常に「コスト意識」+「安全・安心」+「環境にやさしい」が、今の時代のキーワードではないかと思います。お客様の目的を実現するために、クリエイターとしてコスト意識をしっかりもち、常に新しい切り口と発想で解決していかなければならない感じました。 NC
d0179004_2095592.jpg

[PR]
by densoshadesign | 2010-12-01 20:11 | green
「フランダースの光」展をみてきました
東急文化会館で現在開催されてる「フランダースの光」展をみてきました。フランダース地方がベルギー北部であることを思い出しました。フランスのバルビゾンやドイツのヴォルプスヴェーデ、ロシアのアブラムツェヴォなどが有名ですが、ベルギーにも芸術家たちのコロニーがあった事を初めて知りました。
19世紀末から20世紀初頭にかけて、ベルギー北部のフランダース地方にある村シント・マルテンス・ラーテムには、フランダースの芸術家が移り住み、質の高い豊かな創作活動を展開しました。
現在ではフランダースの人々が最も住みたい土地の一つとなっているようです。
展示は、象徴主義、印象主義、表現主義と様式は違えど、田園の中に芸術家たちが見出したフランダースの輝きが、それぞれの光る個性を表していました。
アートとデザインは、目的が違いますが、私たちの制作活動によってより地域が活性化したり、美しい自然環境を守る事ができるのではと、展覧会を見て再認識しました。N.
d0179004_14451659.jpg

[PR]
by densoshadesign | 2010-10-16 14:45 | green
自然界から学ぶデザイン
この写真は、「時計草」の花です。トケイソウは、日本ではあまり一般的ではありませんが、ブラジルでは、家々の垣根によく咲いているものです。トケイソウの果実は、みなさんが良く知っているパッションフルーツです。時計のような形をしているところからトケイソウと呼ばれていますが、実に完成された精巧な形です。自然界の形は、肉眼で見える形だけではなく、ミツバチにしか見えないハニーラインと呼ばれるものがあります。紫外線のレベルではじめてその形を見る事ができます。厳しい環境の中で、自らがどんな形で、どんな手法で種を残すか植物たちはいろいろな実験を繰り返し生きています。「最も強いもの、大きいものではなく、変化に俊敏なものが生き残る」とダーウィンの進化論でも言っていますが、デザインは自然界にとっては生き残っていくためのすべです。
私たちデザイナーも、すべてのお客様のために、デザインのパワーによって時代を勝ち抜く力を創造できるよう進化していかなければならないと感じています。 GNd0179004_22255523.jpg
[PR]
by densoshadesign | 2010-09-16 22:26 | green
   

伝創社制作部デザイナー達の、日々の思いや自分たちのIDEAを表現していくブログです
by densoshadesign
> 検索
> 最新の記事
古代ローマに学ぶレトリック
at 2014-07-22 13:17
「オズボーンのチェックリスト」
at 2014-05-22 13:54
「ユニバース」Univers
at 2014-05-21 22:10
「拡散」と「収斂」
at 2014-05-21 20:14
戦略と戦術
at 2014-05-21 20:13
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧