> カテゴリ
全体
ss2
ss
green
TY
sanpo
meganeko
KT
NH
NM
AS
MO
Y
TS
YM
T
TO
> Helvetica 「ヘルベチカ」
1957年にスイス人タイプフェイスデザイナーのマクス・ミーディンガーとエドゥアルト・ホフマンが発表したサンセリフのローマ字書体です。
簡素で落ち着いた書体でありながら説得力に富む力強さが特長で汎用性が高いため、出版や広告の業界を中心に現在最も使用される書体の一つとなっています。
「ヘルベチカ」の名称は、ラテン語で「スイス」を意味するHelvetia(ヘルウェティア / ヘルヴェティア)の形容詞形であるHelvetica(ヘルウェティカ / ヘルヴェティカ)に由来します。
1957年当時の名称は「ノイエ・ハース・グロテスク」というもので、意味は「ハース社の新しいグロテスク(サンセリフ)」。
1960年に、名称を変更しHelveticaとしてステンペル(英語版)社から発表された。Ultra LightからUltra Boldまで、Helveticaは31種類の様々なウェイト(ファミリー)がデザインされたが、
写植の時代になると、その人気ゆえに多くの模倣品が作られ、細部が微妙に異なるものの「別名のHelvetica」が氾濫したため、1983年にステンペル社は、改訂版となるNeue Helveticaを発表しました。
Neue Helveticaでは51ウェイトというファミリーを形成し、それぞれがユニバース (Univers) を参考にしたわかりやすいナンバリングが施されました。Neue Helvetica 55 Romanを基準に、数字の一桁目が太さ、二桁目はスタイルを表しています。現在、Neue HelveticaおよびHelveticaは、合併などによりモノタイプ・イメージング社の子会社であるライノタイプの商品・商標となり、Helvetica Neue LT として存在し、Std、Pro、Com、W1Gと、サポートする文字数の違いによってバージョンが整えられています。デザインはLinotype Design Studioが行っています。
[PR]
by densoshadesign | 2014-05-21 20:01

伝創社制作部デザイナー達の、日々の思いや自分たちのIDEAを表現していくブログです
by densoshadesign
> 検索
> 最新の記事
古代ローマに学ぶレトリック
at 2014-07-22 13:17
「オズボーンのチェックリスト」
at 2014-05-22 13:54
「ユニバース」Univers
at 2014-05-21 22:10
「拡散」と「収斂」
at 2014-05-21 20:14
戦略と戦術
at 2014-05-21 20:13
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧