> カテゴリ
全体
ss2
ss
green
TY
sanpo
meganeko
KT
NH
NM
AS
MO
Y
TS
YM
T
TO
> 「フランダースの光」展をみてきました
東急文化会館で現在開催されてる「フランダースの光」展をみてきました。フランダース地方がベルギー北部であることを思い出しました。フランスのバルビゾンやドイツのヴォルプスヴェーデ、ロシアのアブラムツェヴォなどが有名ですが、ベルギーにも芸術家たちのコロニーがあった事を初めて知りました。
19世紀末から20世紀初頭にかけて、ベルギー北部のフランダース地方にある村シント・マルテンス・ラーテムには、フランダースの芸術家が移り住み、質の高い豊かな創作活動を展開しました。
現在ではフランダースの人々が最も住みたい土地の一つとなっているようです。
展示は、象徴主義、印象主義、表現主義と様式は違えど、田園の中に芸術家たちが見出したフランダースの輝きが、それぞれの光る個性を表していました。
アートとデザインは、目的が違いますが、私たちの制作活動によってより地域が活性化したり、美しい自然環境を守る事ができるのではと、展覧会を見て再認識しました。N.
d0179004_14451659.jpg

[PR]
by densoshadesign | 2010-10-16 14:45 | green